to be beautiful

治療の失敗談

にきびの悩みニキビ跡レーザー治療には失敗はないのでしょうか。

最近のレーザーは痛みもなく安全性の高いものばかりですが、
まったくデメリットがないわけではありません。

患部のある皮膚を焼いているわせですから、正確にいうと軽いやけどのような状態で、
ただ当てっぱなしではなくしばらくは自宅でのケアが必要です。

少しずつ進める

ニキビ治療をレーザーで行った場合ニキビ跡の部分が赤くなることもあります。

これは通常は長くても三か月くらいでなくなるのですが人によっては一年くらいかかることもあります。

一年経過しても赤いまま残っていますと失敗だったのではと判断する方が多いのです。

ニキビ跡を消すために治療をしたのにも関わらず赤くなっては意味がありませんが
ダウンタイムの長さが気になるなら他の方法で治療をするのもいいでしょう。

確実に

レーザー治療にもさまざまな種類がありますし、保険適用外の治療費もそれなりにかかってきます。

また肌質も症状の程度も個人差がありますので、治療をうけたからといって
100%の確率でニキビ跡まで完全に消えるという確証はありません。

自分にもっとも向いている治療の方法はどれか、またお肌がレーザー治療に耐えられるかどうか、
しっかりと病院でカウンセリングを受けることは大切ですね。